中学校1年の間、父兄の仕事の関係で転校を余儀なくされた

中学生1年のタイミング、父母の仕事の関係で転校を余儀なくされた。転校前に在籍した中学生のクラスメートが必ずや宜しい会員で転校が決まった時折ふと涙してしまったほどである。
転校した授業はとても郷里な授業でおでこ胸中で手提げは肩かけタイプのものだし、何となく「ダセェ!」って舌打ちした。
そんな田舎の野暮ったい授業に「文化」としてやっていた一種の懲戒があった。それがドッグレースです。
ドッグレースは、四つん這いになって地面をひたすら歩くと言うか這いずる懲戒で、某TVの某チャンネルで「これは何をしている物体です?」というクイズに取り上げられたこともある物体だった。
とりわけミッドサマーの地面でこれをやるとこたえた!
しかしながらこれがやるとある程度おもしろくて部活の類でドッグレース競り合いをしたら一番になってしまった。
見た目は四つん這いだし、ダサイものでその外観が少々屈辱を感じるところもあったけれど、今でも行き渡るであろうドッグレースは中学生やりくりでは一番の手帳になっている。http://xn--ickvbvc0godx34uhif088j9d3a.pw/