ユニバーシティ進学に伴い生地から上京して独り暮し

旅行だ。大学進学に伴い地元から上京して一人暮し。何でも自分でやらなければいけないという負担と、やりがいを感じている時でした。旅行といってもパックではなく個人旅行だ。タイム公を調べて設計を立て、足や旅館の手配をしていよいよ出陣、なのですが、周到に調べて行ってもいよいよ思い通りにはいきません。台風で電車が動けなくなり、電車の中で真夜中を過ごしたこともありました。海外ではどこを歩いているのかまるっきりわからず、何度もおんなじストリートに戻ってしまって困ったり、価格交渉をしてから乗ったはずのタクシーで下車時に10ダブルの金をふっかけられたり、飲みに行った売り場の店員に周りが言い寄られて旅館のホールまで来そうになるのから必死に逃げたり、というトラブルに見舞われる振る舞いしばしば。そういった難解から持ち直したときの達成感はセミナーの中では頻繁に喜べる感じではありませんでした。それでバイトを通じて軍資金を貯めては病み付きのように航海に出ていました。旅行に行く度に開業しているような印象を覚えていたのだと思います。http://david-friedman.com/